頭皮環境と育毛剤

年齢とともにどうしても気になってくるのが頭皮環境です。若い頃は黒々とした髪の毛が当たり前のように生えてきていても、30代半ばを過ぎるあたりから少しずつ薄毛が目立ちはじめ、見た目の変化も大きくなっていきます。ウィッグや帽子によって一時的に薄毛を目立たなくすることはできたとしても、頭皮の根本的な問題は解決されていないため、年齢とともにどんどん髪の毛が弱くなっていくことになります。

年齢を重ねても若々しい髪の毛を手に入れるためには絶対的に、若い頃からの適切な頭皮環境のメンテナンスが不可欠です。頭皮は健全な髪の毛を安定して生み出すための土壌であり、若いうちから毛根のメンテナンスをおろそかにしたのでは発毛サイクルをキープすることができず、加齢とともに髪の毛のエネルギーが衰えてしまうことになります。頭皮環境にとって一番のリスク要因は加齢であり、物理的に若返ることは誰にもできませんが、毎日の地道なメンテナンスによって頭皮環境を健全な状態にキープしていればリスク要因を減らすことができ、薄毛の進行を遅らせることにもつながります。

頭皮環境のメンテナンスというと、一般的には入浴時のシャンプーや頭皮マッサージを思い浮かべるかもしれませんが、それだけではありません。頭皮は意外と生活習慣の影響を色濃く受ける部位であり、たとえば、ジャンクフード中心の食生活を続けていれば余分な皮脂が毛根に溜まりやすくなり、健全な発毛サイクルが阻害されてしまいます。

このサイトでは、男性、女性ともに明日から実践できる頭皮の正しいメンテナンス方法、薄毛の防止方法について詳しくお伝えしていきます。

頭皮環境と髪質の関係

頭皮環境や発毛サイクルにとって、育毛剤はきわめて重要な要素となります。相性の合う育毛剤を選べば頭皮環境が安定し、健全な発毛サイクルを長いスパンでキープすることができますが、育毛剤との相性が悪ければかえって頭皮環境を悪化させ、薄毛を進行させてしまう要因にもなります。

脱毛症の男女比を把握しよう

育毛剤ユーザーや脱毛症は男性に多いと思われているかもしれませんが、実際は女性型脱毛症も多く、女性専用の育毛剤やヘアトニック、薄毛治療クリニックもここ数年で急速に増えてきています。ここでは脱毛症の男女比とともに、性別を問わず明日から実践できる頭皮環境のケアについて見ていきましょう。

育毛剤の種類もいろいろ

日本と海外では、育毛剤の種類も違います。配合成分にも違いがあるため、薄毛の症状がなかなか改善されない場合は日本の育毛剤ばかりではなく、海外諸国の育毛剤にも視野を広げる必要があります。海外の育毛剤を個人輸入で購入する際に注意すべきポイントについても見ていきましょう。